キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

学生ローンを利用していると就職に響く?そんなことは無いので心配しなくて大丈夫!

      2016/08/12

学生ローンを利用していることを第三者が知ることはできない!なので就職に影響は無い

01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s

学生ローンを利用することで就職に悪影響が出るのではないか?と心配している学生が多いですが、そのようなことはありません。

就活や内定と学生ローンを利用していることに関連性はありません。

「個人信用情報を見られたらアウトでしょ?」という人もいるかもしれませんが、信用情報をチェックできるのは貸金業者だけ。また貸金業者以外の閲覧は法的にも禁じられているため、それをチェックしてくるような企業はこちらから願い下げするべきかもしれませんね。

先に結論を言いましたが、もう少し内容をチェックしてみましょう。

個人信用情報がバレる心配は無い

そもそもどうして学生ローンを利用していることが就職に影響するのか…と言えば多くの人は「学生ローンを利用していた履歴が見られるんじゃない?」と考えます。

確かに学生ローンの利用実績は個人信用情報機関に記録されています。しかしこれを閲覧できるのは貸金業者や銀行などの金融機関だけ。しかも審査など限られた目的でのみしか閲覧できないと決められています。

つまり学生ローンを利用していることが企業に漏れる心配は無いと言い切れます。

消費者金融や銀行に就職するときは?

こちらもバレる心配は基本的にありません。上記した通り信用情報のデータは貸付の与信判断に使う事だけ許されているからです。

もしも企業が個人の信用情報を知りたいなら、本人に同意を求め、開示してもらう他ありません。ということは、就職先の人が「個人信用情報を教えてくれないかな?」と言ってこない限りは開示する必要はありません。

また仮に言われたとしても許されないことなので拒否して大丈夫です。拒否した結果内定を取り消されてしまったとしても…長い目で見れば結果的にその方が良かったのかもしれません。

ただし債務整理を行うとバレるかもしれない

もしも学生ローンを利用していて、返済するのが難しくなり、自己破産などの債務整理を行った場合は就職に悪影響が出る可能性があります。

そもそも、自己破産を行うと特定の職種(弁護士、司法書士、税理士、宅地建物取引業者、証券会社、古物商、警備員など)の職業に就くことができません。

また、自己破産は官報に名前と住所が記載されてしまいます。万が一採用担当者がこれを見てしまった場合、就職に悪影響をもたらす可能性はあるかもしれません。

とはいえ、適切に借入し、きちんと返済できているのなら債務整理のリスクはありませんし、やはりバレる心配は無いでしょう。

終わりに

ということで今回は「学生ローンが就職に悪影響を与えるのか?」について紹介してきました。結論は「関係しない」です。

学生ローンだけに限らず、カードローンやキャッシングは今や身近なものになっています。一昔前の怖いイメージはほとんどありませんし、正しく付き合えば生活の助けになってくれる便利なものです。

自分から「学生ローン使っていたんですよ」と言い振らす必要は全くありませんが、聞かれることもないでしょうから黙っていても問題ありません。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - 学生ローン