キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

退職やリストラで無職になったら?キャッシングはどうなる?

      2016/03/07

無職になってから申し込む場合は当然「無職扱い」に!審査は厳しいものへ

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_s

会社を退職したり、事情があってリストラされてしまった場合、キャッシングを利用できるか不安になりますよね。働いていた頃にキャッシングの契約をしていたなら、無職になった旨を連絡しなくてはなりません。そしてもちろんこれからキャッシングの契約を結ぼうと思っているなら「無職」の肩書きで審査を受ける必要があります。

定年退職した場合、以前からキャッシングの契約を結んでいた場合「退職しました」と連絡しなくてはなりません。これから契約する場合は「年金受給者」として審査を受けることになります(ただし年金をもらえる場合に限る)。

退職にせよリストラにせよ、無職の状態になれば審査に通りづらくなるのは間違いありませんし、キャッシングの限度額が少なくなる可能性が高いです。ということで今回は無職のキャッシング事情について紹介していきます。

バイトやパートでも良いので安定した収入を得る

退職やリストラなどで無職状態になり、キャッシングを利用しようと思っているなら何らかの形で安定した収入が得られるように動く必要があります。やはり手軽なのはバイトやパートになるでしょうか。

定年退職を迎えて年金受給者になったとしても、キャッシング的には「無職」と同じ扱いになります。実際、消費者金融の申込み条件を見ると「年金以外の安定した収入がある方」と書かれています。

ということで、無職の状態でキャッシングを利用しようと思ったらバイト、もしくはパートが最低限必要となります。もちろん再就職すればそれに越したことはありません。

借入残高・件数を減らしてから申し込む

キャッシングの審査を少しでも通りやすくするためには借入件数・残高を減らすことが重要です。

もちろん返済できるのならそれに越したことはありませんが、すぐに返済するのが難しい場合は「おまとめローン」を検討してみるのも良いでしょう。

もし貯金があるならそれを使って返済、家に不良品があるならそれをネットオークションやリサイクルショップに持って行って現金に換えるのものも1つの方法です。

借入総額を少しでも減らせば審査の点で有利になりやすいですし「返済し始めた」という実績を提示するのも有効です。

クレジットカードの枚数を減らす

こちらは退職やリストラで無職になってしまった方だけの話ではありません。全てのキャッシング審査で重要となるポイントです。

クレジットカードの枚数が多いと「カード限度額いっぱいまで使って自己破産」といったトラブルが起こる可能性があります。また人によってはわざと仕向ける人もいます。当然キャッシング会社は審査をより慎重にせざるを得ません。

なのでクレジットカードはメインカードとサブカードくらいに留めておいて、極力枚数を減らしておくほうが正解です。

国の制度を有効活用する

キャッシングに頼らないとお金がない!という状況になった場合、最初に国の支援制度を活用することを検討してみましょう。もちろん返済のメドがあるなら手っ取り早いキャッシングで良いかもしれません。

求職者支援制度

求職者支援制度を活用すると「職業訓練受講手当」が支給されます。こちらは支給であり、返済する必要がないので単純にお金がもらえると考えておけです。月々10万円に加えてハローワークに通うための交通費が支給されます。

条件は「ハローワークで職業訓練を受けること」になります。なので本当に再就職したいと思っている方向けの支援制度ですね。

もう1点注意したい条件が合って、それが「世帯収入がつき25万円以下」になります。加えて「本人の月収8万円以下」「世帯の貯金が300万円以下」といったものもあるのでしっかり条件を確認した上で活用しましょう。

年金担保貸付制度

定年退職後は年金がもらえるようになります。この年金を担保にして貸付が受けられる制度もあります。

年金担保貸付制度は年金がもらえる月額の1.2倍まで借りることが可能です。例えば毎月30万円の年金がもらえるなら最大で36万円まで借りられることになります。

その他の条件に「1回の返済額の15倍以内の貸付」もあります。例えば毎月2万円ずつ返済できるなら、最大で30万円借りることができるということです。

金利は1%~2%程度と非常に優遇されています。一般的な消費者金融の場合18%となっているので、かなりお得です。

ただし、審査から融資までの時間が非常に長く、3週間~4週間くらいは見積もっておかなくてはなりません。すぐにでもお金が必要な方にとってはあまり適していないことを覚えておきましょう。

まとめ

ということで今回は退職やリストラなどで無職状態になった場合のキャッシングについて紹介しました。

一時的にキャッシングでしのぐことも悪くは無いのですが、返済のメドが立たないなら国の支援制度を最優先に考えるのがよいと思います。

たとえアルバイトやパートでも良いので、安定した収入が得られる状況にならないと、なかなか審査には通りません。ですので、まずは再就職、その上でキャッシングを考えるのが良いと思います。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - こんな状況でも借りれる?