キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

楽天銀行スーパーローンの詳細確認、使い勝手の良さが魅力のネットキャッシング!

   

楽天が運営する楽天銀行スーパーローンは、大手カードローン会社に比べて金利が低いのが特徴のため、注目している方も多いです。

しかし、検討している方の中には、

「楽天市場をよく利用するけど、カードローンってどうなの?」
「できるだけ金利が低くお得感があるところから借りたい」

といった疑問などがある方もいます。

そこで今回は楽天銀行スーパーローンの特徴や申込み方法、借入・返済方法など細かくふれていきます。

紹介していく中で利便性の高さやお得感に驚くはずなのでぜひ読み進めてくださいね。

楽天銀行スーパーローンの特徴

ここでは、楽天銀行スーパーローンの特徴を見ていきましょう。

以下の表は、楽天銀行スーパーローンのスペックです。

実質年率 限度額 審査時間
1.9~14.5% 800万円 即日から数日
返済方式 遅延損害金 担保・保証人
残高スライドリボルビング方式
元利込定額返済
19.9% 楽天カード㈱・㈱セディナ

スペック表からわかる特徴としては、年率が低いことと返済方式を途中で変更できるという点です。

まずは、金利からみていきましょう。

金利は年1.9%~14.5%

まず気がつくのは、金利の低さではないでしょうか。

大手カードローン会社として、アコム・アイフル・プロミスと比較してみます。

金融機関 金利(上限)※
楽天銀行スーパーローン 14.5%
アコム 18.0%
アイフル 18.0%
プロミス 17.8%

※2018年8月現在

表からも楽天カードローンの金利が、格段に低いことがわかりますね。カードローンを利用するうえで、金利はとても重要事項であり、金利が低ければ低いほど利息が少なく無駄な返済を減らすことができるからです。

そして楽天銀行スーパーローンの返済方式は、新規会員の場合、残高スライドリボルビング方式です。

残高スライドリボルビング方式と言うのは、クレジットカードのキャッシングに使われていることが多く、毎月の残高に合わせて返済額が決定するもので、毎月の返済額を少額に抑えることができるというメリットがあります。

しかし、それにはデメリットとして返済期間が長くなり、それに伴って利息が多くなるという点もあるのです。

楽天銀行スーパーローンは、途中で返済方式を「元利込定額返済」へ変更することができます。元利込定額返済は、借入額に応じて返済額を設定し、毎月一定金額を支払う方式です。
毎月の返済額は残高スライドリボルビング方式に比べ高くなりますが、元金をより減らすことができるため、早期返済にはおすすめです。

返済方式は任意で変更ができるため、どちらが自分に合った返済方式なのか検討してみましょう。

最大限度額は800万円

楽天銀行スーパーローンの場合は、消費者金融系のカードローン会社に比べて最高借入限度額が800万円と高額です。

そして、金利も限度額によって変わるので、以下の表を参考にしてください。

利用限度額 適用金利※
800万円 1.9~4.5%
600万円以上800万円未満 3.0~7.8%
500万円以上600万円未満 4.5~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6~14.5%
100万円未満 14.5%

※2018年8月現在

表からもわかるように、最低金利である1.9%を受けられるのは、800万円の限度額が可能な方のみです。

しかし、カードローンを利用する場合は、貸金業法である総量規制が関係します。総量規制は、個人の総収入の3分の1までしか貸付をおこなってはいけないという、貸金業者に与えられた法律です。

つまり、800万円の限度額を得るには、少なくとも2,400万円程度の収入が必要というとこになるのです。

厚生労働省の統計調査によると、日本国民の平均年収は2018年で約420万円なので、100~200万円程度が借入の限度額の目安といえます。

そのため、6.9~14.5%の金利になると考えておいた方がいいでしょう。

入会すれば楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンでは、入会キャンペーンとして、楽天スーパーポイントのプレゼントを行っています。

楽天スーパーポイントは、楽天市場やポイントを利用できる店舗などで、1ポイント1円として活用することが可能です。

楽天銀行スーパーローンでは、新規入会であれば1,000ポイント、利用金額・残高に応じてポイントが付与されます。

利用残高 ポイント
20~50万円 500~1,000ポイント
50~100万円 2,000~3,000ポイント
100~200万円 10,000ポイント
200~300万円 12,000ポイント
300~400万円 15,000ポイント
400~800万円 30,000ポイント

気をつけなくてはいけないのが、付与される条件です。

  • 契約月の翌月までに借入をしなければ付与対象外
  • 契約月の翌月末の残高がポイント付与対象となる

といった2つの条件をクリアしなくてはいけません。

例えばスーパーローンを契約月が4月の場合、5月までの間に借入をしなければポイントの付与対象とはならないのです。

つまり、4月に契約をしたら5月までに借入をした金額に対してのポイントプレゼントであり、仮に6月に借入をしてしまうと、ポイント対象にはなりません。

また、4月に契約後100万円の借り入れをし、5月に3万円を返済した場合、5月末の残高としては97万円になります。
このケースでは、ポイントが10,000ポイントではなく、残高の97万円を対象とした3,000ポイントが付与されることになるのです。

契約月の翌月末の借入残高で、ポイントの有無が決まるので注意しましょう。

パート・アルバイトでも申込可能(150~200字程度)

※満20歳以上で、パート・アルバイトをしていて、学生でも申込みできる。
楽天銀行スーパーローンの申し込み条件としては、以下の3つがあります。

  • 満20歳以上、62歳以下(パート・アルバイト・専業主婦は60歳以下)
  • 日本国内居住、外国人であれば永住権もしくは特別永住権を持っている方
  • 毎月安定した収入のある方

職業や働き方にこだわらず、20歳以上の毎月安定した収入がある方であれば申込みが可能です。

つまり、学生でもアルバイトをしていれば申込むことができるということになります。

楽天銀行スーパーローンは万人が申し込み融資を受けられ、銀行のカードローンとしてはその間口は広いと考えられますね。

楽天銀行スーパーローンの審査申込方法

楽天銀行スーパーローンへの借入を検討するのであれば、必要書類など審査についても確認をしましょう。

あらかじめ申込み方法や日必要書類などを把握しておくことで、流れもスムーズになります。

ここでは、審査の申し込み方法や必要書類等について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

楽天会員ランクによって審査が優遇される

楽天銀行スーパーローンでは、楽天会員ランクによって審査が優遇されると大々的に掲示されています。

しかし審査の内容については非公開のため、実際にどの程度影響しているのかは正確には不明です。

とはいえ、楽天会員ランクが高ければ高いほど、楽天グループにとって上客です。普段全く楽天グループを利用しない方に比べ、利益につながるため多少の貸し倒れが懸念されたとしても、審査が甘くなるなどの優遇があるとされています。

しかし、すべての方が優遇を受けられるわけではないので注意しましょう。

楽天会員ランクとは、楽天市場や楽天グループでのポイントの獲得数や回数に応じて決定されるランクであり、入会したばかりの方はレギュラー会員となり、多く利用すればするほど会員ランクが上がる仕組みになっています。

楽天会員ランクアップには、過去6ヶ月間の履歴で決まりますので、以下の表を参考にしてください。

ランク ランクアップ条件
シルバー 200ポイント以上、2回以上ポイント獲得
ゴールド 700ポイント以上、7回以上ポイント獲得
プラチナ 2,000ポイント以上、15以上ポイント獲得
ダイヤモンド 4,000ポイント以上、30回以上ポイント獲得

※自身の会員ランクは、楽天Point Clubにログインして確認できます。

現在の自分のランクは、楽天Point Clubで確認ができますのでランクによってサービスや優待も変わるため、楽天グループをよく利用する方であれば、一度確認してみましょう。

本人確認書類などの提出はアプリで行える

楽天銀行スーパーローンは、ネットから申し込みが可能です。

パソコンやスマホなど、インターネットがつながっている端末から24時間申し込みが可能なため、忙しい方でも自宅や空き時間で申込めます。

申し込み方法の流れは以下を参考にしてください。

  1. 楽天銀行スーパーローンの申し込みフォームへ入力
  2. 受付完了メールが届く
  3. 審査開始
  4. 審査結果の通知(メール)
  5. 本人確認・在籍確認
  6. 契約内容の確認
  7. 必要書類の提出・手続き完了
  8. カードの発行

申込みの流れとして気になるのが、在籍確認と必要書類ではないでしょうか。

まずは、必要書類からご紹介していきます。

本人確認書類(いずれか写し)

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 個人番号カード(顔写真付き)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • カード型もしくは紙の健康保険証+追加書類
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 住民票(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)
  • 各種年金手帳、福祉手帳

健康保険書を提出する場合は、追加書類として公共料金の請求書もしくは領収書が必要になります。コピーでも可能です。

収入証明書(限度額300万円まで不要)

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 確定申告書(自営業のみ)

限度額が300万円以上を希望するようであれば、収入証明書が必要になります。300万円未満であれば必要はありません。

提出方法としては、郵送もしくはスマホでの申込みの場合は、楽天銀行アプリから必要書類の提出ができます。

アプリを利用して提出するさいには、以下の5つ書類が有効です。通常の必要書類とは少し異なるので注意しましょう。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(顔写真つき)
  • 住民基本台帳カード(顔写真つき)
  • カード型健康保険証+追加書類
  • 在留カード、特別永住者証明書

いずれも原本を撮影し、送信します。郵送での提出の場合は、提出した証明書はすべて返却されないため、必ずコピーを郵送しましょう。

また、早くカードの発行をしてほしいという方は、郵送よりもアプリを利用することで、手続きがすべて早くなります。

在籍確認の方法

楽天銀行スーパーローンは、通常のカードローンやクレジットカードと同じように、在籍確認があります。

在籍確認と聞くと、何をするのだろうと疑問に持つ方もいるかも知れません。ちなみに在籍確認とは、申込み内容に記入された仕事先に、間違いなく勤めているかどうかを確認するため、電話連絡を入れることをいいます。

楽天銀行の担当者の個人名で連絡を入れ、申し込み者が本当に働いているかどうか、「(申し込み者)さんはいらっしゃいますか?」といった形で連絡を入れることが多いです。

個人名のため同僚に知られることもなく、電話を受け取ることができます。また、席を離れることが多い職業であれば、最初に出た方が「席を外しています」と伝えるだけで在籍確認が可能です。

在籍が確認できるということは、申込み内容(年収など)の裏付けにもなります。そのため、在籍確認は審査の最終段階で行うことが多いです。

もし、在籍確認ができなかった場合、審査に通るのは難しくなるので、仕事中に連絡が取れやすい担当部署などの電話番号で申込むようにしましょう。

専業主婦の場合は、在職はしていないため在籍確認はありません。

楽天銀行スーパーローンの審査申込はコチラ

楽天銀行スーパーローンの借入方法

カードローン会社はいくつもありますが、会社によって借入方法はさまざまです。お金が必要で申込むのに、お金を借りるのに不便を感じるようでは困りますよね。

そこでここでは、楽天銀行スーパーローンの借入方法についてご紹介します。

  • 口座振り込み(メンバーズデスク、楽天銀行カードセンター)
  • 提携ATM

の2つの方法があるのでぜひ参考にしてください。

口座振込(メンバーズデスク・楽天銀行カードセンター)

口座振込での借入申込みには、メンバーデスクを利用する方法と、楽天銀行カードセンターへ連絡して申込む2つの方法があります。

楽天銀行カードセンターを利用する場合、24時間オペレーターが対応してくれているので、都合のいい時間に電話1本で借入の申込みが可能なのでパソコンなど入力が苦手だという方は、こちらを利用すると便利です。

また、もうひとつの方法としてメンバーズデスクを利用し、インターネットを利用してパソコンやスマホ、携帯電話から24時間いつでも手続きを取る方法もあります。

利用できる条件はひとつ、楽天銀行スーパーローン会員限定の「メンバーズデスク」へ登録することです。

メンバーズデスクについては後に詳しくご紹介しますが、ネット返済やご利用明細の確認といったサービスを利用することができるので、カード発行をしたらすぐに登録するようにしましょう。

ネットで借入を申し込む場合、登録銀行によって即日振込ができないことがあるので注意が必要です。

受付・振込時間は以下の表を参考にしてください。

受付可能時間 振込日時
楽天銀行 24時間365日 即日即時
その他 平日 0:10~14:45
14:45~23:50
当日 9:00~15:00
登録金融機関翌営業日
土日祝 0:10~23:50 登録金融機関翌営業日
9:00~15:00

口座振込のメリットとしては以下の3つがあります。

  • 24時間好きなときに申し込みが可能
  • 楽天銀行であれば24時間365日即時振込が可能
  • わからないことはオペレーターに聞ける

またデメリットとしては、

  • 楽天銀行以外の金融機関であれば、23:50~0:10まで手続きができない
  • 手続き時間によって、翌日以降の振り込みになる

といった2つがあるので、注意しましょう。

楽天銀行であれば、借りたいときに手続きをとるとすぐに振り込まれるので大変便利ですね。

提携ATM

提携ATMは、全国に10万台以上あります。

コンビニや銀行など、日常的に利用しやすいのが利点でもありますが、銀行によっては借入手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

以下に主な提携ATMと手済料をまとめたので参考にしてください。

主な提携ATM 利用手数料
みずほ銀行  無料
三井住友銀行  無料
りそな銀行  有料
東京スター銀行  無料
三菱UFJ銀行  有料
セブン銀行  無料
ローソンATM  無料
PatSat  無料
E-net※  無料

※ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクスなどに設置

有料の場合は、1万円以下の借入で108円、1万円超の借入で216円の手数料が発生します。

手数料は、毎月の返済額から差し引く形での返済になるので、その場で支払うことはありません。

また、時間外手数料に関しては楽天銀行で負担してくれるので、かかる手数料は借入金額に応じた利用手数料のみになります。

提携ATMによって、借入できる時間などが異なるため注意しましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済方法

楽天銀行スーパーローンは、返済金額は借入金額に応じて変わります。10万円以内の借入であれば、月々2,000円程度の返済額になるので、家計が苦しい場合はとっても助かります。

そして、返済方法としては

  • 約定返済
  • 随時返済

の2通りが選択でき、それによって返済方法が変わるので詳しくご紹介します。

約定返済は口座引落しのみ

約定返済とは、毎月決まった日に返済する方式になります。楽天銀行スーパーローンでの約定返済は、口座引落しでの対応のみになります。

4日間のうちのいずれかを選択し、口座引落しでの返済が可能です。しかし、引落し口座によって変わるので以下の表を参考にしてください。

引落口座 約定返済日
楽天銀行 1・12・20・27
じぶん銀行 12
静岡中央銀行・沖縄海邦銀行・商工組合中央金庫 1・20
その他の金融機関 1・12・20

給料日などの都合で27日を指定したい場合は、楽天銀行の口座が必要になり、ゆうちょ銀行や大和ネクスト銀行での口座引落しは対応していないため、注意しましょう。

約定返済は毎月自動的に引き落とされるので、返済を忘れるといった心配を軽減できます。もし入金を忘れそうな場合は、公共料金などの引き落とし日と一緒にすると、まとめて入金できるので便利です。

ただし、口座の残高が足りないと、知らない間に延滞になっているといったことも起こりますので残高の確認をするようにしましょう。

提携ATMで返済

もう一つの返済方法である随時返済は、さまざまな返済方法を選択することができます。その中の代表的なひとつとして「提携ATM」での返済があります。

随時返済とは、毎月の支払い(約定返済)とは別に、追加で返済をすることをいいます。余裕がある月など、随時返済を利用することで繰り上げ返済が可能です。

繰り上げ返済では、入金された金額がそのまま元金(借入金額)の返済に充てられます。約定返済では元金+利息分を支払うので、元金が減りづらいというデメリットを、随時返済をすることによって早期返済が可能になるので、できるだけ活用していきたい方法になります。

楽天銀行スーパーローンでは提携ATMを利用して、好きなときに随時返済が可能です。入金手数料は無料、返済は1,000円単位から可能なので、家計を圧迫せずに少しずつでも繰り上げ返済をしていくことができます。ただし、数百円といった小銭での返済はできないので注意しましょう。

インターネットで返済

メンバーズデスクを利用することで、インターネットからの随時返済も可能です。ATMを探す必要もなく、自宅にいながら手数料無料できるので、利便性が高いのがうれしい点ですね。

利用条件としては、

  • 「インターネット/モバイルバンキング」への登録
  • 楽天銀行スーパーローンのネット返済が可能な金融機関であること

の2つがあります。

提携ATMとは違い、1円単位で返済が可能なので、口座残高を余すことなく利用できるのも魅力です。

振込で返済

振込での随時返済も可能です。楽天銀行カードセンターへ問い合わせることで、指定口座番号を教えてもらえます。

ただし、ネットやATMを利用した随時返済とは違い、振込手数料を負担しなくてはいけないので注意が必要です。

借入前に返済シミュレーターの利用

楽天銀行スーパーローンでは、返済シュミレーションを利用することができます。毎月の支払い金額は、借入金額に応じて変わるので注目してみましょう。

200万円の限度額で14.5%の金利が適応され、約定返済日が27日の場合について、シュミレーションした結果を以下の表にしました。

借入額 支払総回数 毎月返済額 総返済額
10万円 78回 2,000円 155,556円
20万円 108回 2,915円 31,3002円
30万円 156回 3,638円 565,151円
40万円 179回 4,224円 753,816円
50万円 198回 4,913円 968,425円

毎月の返済額は、月の日数に応じて変動があるため、目安として確認してください。返済シュミレーションはあくまで一般例として表示されます。

正確ではありませんが、完済までにかかる期間や、利息を含めた総返済額などを把握することができ、大変便利です。

表を見てもわかるように、借入金額に対して利息分が高額になります。そのため、約定返済だけで返済するのではなく、随時返済を活用することが大切だということがわかりますね。

楽天銀行スーパーローンの審査申込はコチラ

楽天銀行スーパーローンの利用に向いてない人

楽天銀行スーパーローンは、利便性も高く人気のあるカードローンですが、やはり利用する目的によっては、向いていないという方はいます。

そこで、楽天銀行スーパーローンに向いていない方の特徴を2つご紹介しますので、参考にしてください。

すぐにでもお金を借りたい

楽天銀行スーパーローンは、即日融資も可能とはされていますが、基本的に審査に数日かかる場合があります。
大手のカードローンでは、即日融資可能としていることが多いです。

楽天銀行スーパーローンの即日融資が可能な条件としては、

  • 申込んだ当日に審査結果がでること
  • 申込み内容に不備がない
  • 楽天銀行の口座を利用すること

といった以上3つがあります。審査結果を当日中に受けたい場合は、やはり、早めの申込みが必不可欠です。

在籍確認もあるため、できるだけ早い行動を心掛けましょう。

また、いつでも入金が可能な楽天銀行の口座も必須になります。万が一遅くに結果が出たとしても楽天銀行の口座があれば、24時間即振込に対応しているため、融資を受けることができます。

やはり即日融資がしにくい点は、楽天銀行スーパーローンのデメリットともいえます。残念ながら、確実に即日融資を受けたい、今お金を借りたいといった方は、楽天銀行スーパーローンはおすすめできません。

少額だけ借りたい

1~10万円程度の少額融資を希望するなら楽天銀行スーパーローンは向いていません。プロミスなど、消費者金融系のカードローンでは初回利用に限り30日間の無利息期間を設けていることが多いです。

楽天銀行スーパーローンは、年利は消費者金融のカードローンに比べて低いですが、無利息期間といったサービスはありません。そのため、お金を借りた日から利息が発生し、たとえ翌日に完済したとしても、利息は発生してしまいます。

借入をしても来月には返済ができるといた方は、無利息期間があるカードローン会社を利用する方がお得になり特にレイクALSAでは、5万円以内の借入であれば180日間の無利息期間を利用することが可能です。

返済までの時間に猶予ができるので検討してみてもいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの気になるポイント

ここまで、楽天銀行スーパーローンについて詳しくご紹介してきました。

しかし中には、

「郵送物があり家族にバレる?」
「あとから限度額の増額は可能?」

などといった疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで、楽天銀行スーパーローンの気になるポイント4つについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

郵送物は何かある?

カードローンを利用するうえで、家族や一緒に住んでいる人に知られたくないため、できるだけで郵送物を自宅に送ってほしくないという方も多いです。

楽天銀行スーパーローンの郵送物として以下の3つがあります。

  • 申込み時のカード
  • ダイレクトメール
  • 取引明細書

ダイレクトメールに関しては、必要なければ止めることも可能です。また、申し込み後に発送される楽天銀行スーパーローンカードや取引明細書の送付は、自宅もしくは申請時に記入した勤め先への送付の選択が可能になります。

申込み時もしくは申込み後に変更するよう、楽天銀行へ連絡しましょう。

ただし、カードを勤め先へ送付する場合は、後日「犯罪収益移転帽子法」に関した書類が楽天銀行より自宅に届きます。これは防ぐことができないため、もし知られたくない場合は注意しましょう。

限度額の増額申込はできる?

限度額を増額してほしいといった場合、ネット(メンバーズデスク)もしくは楽天銀行カードセンターで後から申込むことができます。

しかし、申し込みには注意点として2つあります。

  • 初回契約もしくは前回の申請から6ヶ月以上経過していること
  • 増額を申請すると審査を受けることになる

増額申請した場合、もう一度審査を受けることになります。もし、増額申請をした時点で返済状況が悪い(延滞など)、収入が減ったなどといった場合は、審査に通らないこともあるのです。

審査結果はメール・郵送もしくは電話で通知されるので、連絡が取れる体制でいましょう。

可否によって、連絡方法が違い以下のようになります。

メール、電話・・・増額不可
電話・・・増額可、新しい借入不可

万が一、今までの借入状況などをふまえて、増額とは別に新しい借入は難しいと判断された場合は、電話で連絡が来ることになっています。

電話が来たからといって必ずしも増額可能というわけではありませんので心づもりをしておきましょう。

無利息サービス期間はある?

先に少し触れましたが、大手消費者金融は30日、長くて180日間といた無利息期間を設けているカードローン会社が多いです。

しかし、楽天銀行スーパーローンは銀行のカードローンのため、無利息期間を設けていません。借りた翌日には利息が発生しているので、早期返済を目指しましょう。

専業主婦の借入は可能?

楽天銀行スーパーローンは、専業主婦の方でも申込みが可能です。

ただし以下のような

  • 20歳以上60歳以下
  • 限度額50万円まで

といった2つの条件があるので注意しましょう。

限度額が50万円ということは、必然的に金利は14.5%になるので注意しましょう。

楽天銀行スーパーローンの詳細を確認

まとめ

いかがでしたでしょうか。楽天銀行スーパーローンの概要や申し込み方法、審査についてなどお話しました。

楽天銀行スーパーローンを検討するうえで重要なのは、以下の5つです。

  • 金利が消費者金融系カードローンよりも低いが、即日融資が難しいことがある
  • パート、アルバイト、専業主婦でも申し込み可能
  • 楽天会員ランクによって審査が優遇される
  • 借入・返済ともに利便性が高い
  • 新規申し込み、借入金額に応じて楽天銀行スーパーポイントが受け取れる

楽天銀行スーパーローンは、カードローンを利用するうえで重要な利便性を兼ね備えたカードローンです。

「できるだけ利便性高く金利を低く抑えたい」
「お得感があるカードローンを利用したい」

といった方はぜひ楽天銀行スーパーローンを検討してみてくださいね。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

アイフル

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - 楽天銀行カードローン