キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

プロミスの審査について徹底解説!流れから審査内容までチェックしてみよう!

      2016/06/29

プロミスの審査はこんなところを見ている!

cfcf8634d224d0a490f7640c0ab21ff0_s

大手消費者金融の1つであるプロミス。プロミスはフリーキャッシングで、利用限度額の範囲内であれば自由にお金の借入と返済を繰り返すことができます。なので、給料日前の金欠や急な出費に対応するときなど幅広い場面で活躍してくれるでしょう。もちろんプライベートだけでなくビジネスシーンでも心強いと思います。今回はそんなプロミスの審査について解説していきたいと思います。

プロミスの申込みから利用までの流れ

まずはプロミスの審査の流れについてチェックしてみましょう。申込み~借入までは大きく4つのステップで構成されています。

申込み

プロミスの申込み方法はパソコン、スマホなどネット経由での申込み、そして自動契約機、郵送での申込み、さらには店頭窓口からの申込みなどいくつかの方法が用意されています。自身にとって都合の良いものを選べるのは大きいですね。なおネットからの申込みなら24時間365日受け付けています。

審査

申込みが完了したら、次は審査に移行します。プロミスは最短30分で審査結果の連絡が来るので急いでいる方にも嬉しいですね。

契約

無事に審査をクリアできたら次は契約に移行します。web契約、来店契約、郵送契約の3つの中から選べます。ほとんどの方はweb契約を選ぶことになると思います。

借入

web契約の場合、契約内容を確認したら振込手続きを行い、指定した口座にお金を振り込んでもらえます。自動契約機や店頭窓口の場合はその場ですぐにキャッシングができるので、状況に合わせて使い分けていきましょう。

プロミスの申込み条件をチェック

プロミスが提示している申込み条件は以下のような物になります。

  • 20歳~69歳
  • 本人に安定した収入があること
  • 主婦や学生でもパート、アルバイトによる安定した収入があれば申し込める
  • 本人確認書類など必要な書類を用意できる

プロミスを利用できるのは正社員だけと思われがちなのですが、今は安定した収入さえあれば誰でも利用できるようになっています。学生や主婦の方でも利用できるなどハードルの低さが魅力的ですよね。

プロミスの審査内容をチェック

プロミスの審査についてですが、具体的には以下のような項目が重要視されているのでチェックしてみましょう。

申込み者情報

氏名や生年月日、電話番号から家族構成に至るまで、申込み者個人に関する情報は必ず審査の対象となります。例えば家族構成を取ってみると、既婚子どもあり、既婚子ども無し、独身家族同居…といった風に人によって内容が異なりますよね。一般的には既婚よりも独身の方が、子供はいない方が審査に通りやすいと言われています。これは自由に使えるお金が多い、返済余力が大きいと判断されるためです。しかし一方で、独身の場合は社会的責任が軽いため踏み倒しのリスクが高い、と判断される場合もあるようです。このように、総合的な判断に基づいてどれくらいの融資額までなら大丈夫なのかを決定しています。

自宅情報

郵便番号や自宅の住所、どのような住居形態なのかといった自宅に関する情報も審査対象となっています。例えば住宅ローン支払い中の持家、住宅ローンのない持家、賃貸、寮、公営住宅などなど色々な住居形態がありますよね。最も審査に有利だと言われているのはローンのない持ち家になります。地域に根づいていること、踏み倒しのリスクが小さいことなどが大きな理由です。一方でローンが残っていたり、賃貸の場合は自由になるお金が少ないと判断されて若干審査で不利になることもあるようです。

勤務先

最も重要視されているといっても過言ではないのが勤務先に関する情報です。具体的には業種や職種、年収、勤続年数といったものが挙げられます。お金を借りる以上必ず返済していかなくてはならないため、返済能力を見極めるために勤務先の審査は必要不可欠なのは理解できると思います。もちろん毎月安定して返済できる仕事に就いている人ほど有利となるため、公務員や大手企業のサラリーマンが優遇されやすく、一方でバイトやパート、個人事業主は審査で低く見積もられることが多いです。また勤続年数が重要な要素となっていて、1年未満の場合は審査において不利になる場合があります。逆に勤続年数が3年以上、5年以上とある程度長い期間あればその分だけ審査に有利に働いてくれます。

他社借入状況

現在他社からどれくらいのお金を借入しているのか…いわゆる他社借入状況は絶対に審査する内容となっています。複数の貸金業者から借入している場合、つまり多重債務者の場合は審査に落ちる可能性が高いです。それだけ返済状況が厳しいと判断されるため当然と言えば当然ですね。もちろん他社借入が全くない方が良いのですが、金額がそこまで大きくなかったり、件数が少なければどこまで影響しないこともあります。ですができるだけ借入件数は少なくしてから申し込んだ方が良いでしょう。

まとめ

ということで今回はプロミスの審査についていくつか紹介してきました。特に注意しなくてはならない点はありませんが、少なくとも自身の安定した収入が不可欠になるので、この点だけは覚えておいたほうが良いと思います。専業主婦の方や学生の方など自分で収入を持っていない場合は審査そのものが受けられないので、バイトやパートなどをして安定した収入が得られるようになってから申し込むのがポイントになります。プロミスの審査に通るか心配な方はお借入診断という仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。プロミスの公式サイトに用意されていて、生年月日、年収、現在の借入金額を入力するだけで簡易的な審査結果が得られます。もちろん仮審査に通ったからといって本審査に通るとは限りませんが、目安になってくれるので有効活用してみましょう。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - プロミスのキャッシング