キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

妻が内緒で夫名義のカードを作ることはできる?借金は妻にある?夫に返済義務は?

      2016/05/29

一昔前までできていた「妻が夫名義のカードを無断で作る」のは今でもできるのか?

a0f9782fa92cf58e9aa11ffe478106f5_m

一昔前まで、妻が夫に内緒で勝手に「夫名義のカードを作る」ことができました。もちろんとカードを作れば、それを使ってキャッシングすることができていたんです。

当然夫からすればたまったものではなく、社会問題として大きくなってきたため、貸金業法が改正され、今は夫名義のカードを勝手に作ることはできなくなっています。それどころか、自分自身に収入がない場合、自分名義でカードを作ることすら許されない形に落ち着きました。

もちろん「配偶者貸付」を使えば収入を持たない主婦でも夫の収入を信用してもらってお金を借りることもできますが、夫の同意書が必ず必要になるので「内緒で」とはいきません。

…というのが現在の「表向きの」カード事情になっているのですが、実際にはやろうと思えば夫名義のカードを勝手に作ることはできなくはありません。内容を掘り下げて紹介していきます。

妻の借金、夫に責任はある?

夫婦である以上、妻の借金は夫に少なからずかかってくるはず、と考える方はたくさんいらっしゃるでしょう。そこでケースごとにみていきたいと思います。

妻が夫のカードを勝手に使って借金した場合

まず夫がすでに自分のカードを持っていて、これを妻が無断で使っていた場合について。

カードの所有者は夫にあり、妻が無断で使える=管理が甘い、と判断されて、夫に責任があると判断されそうな気もしますが、実は夫が返済する必要はありません。むしろ、被害者側として扱われます。となると、返済しなくてはならないのは加害者である妻ということに。

もしもこの事実が発覚したときに、夫が離婚するなりして妻を見捨ててしまえば、借金に関することは全く心配しなくても大丈夫です。法的には妻が自分でキャッシングした分を返済する形になります。

といっても、夫婦として生活している以上、なかなかに捨てるのは心苦しいですよね。仮に無断でカードを使って借金したことが原因で離婚したとしても、お金に困っている状況の妻を簡単に見捨てられる男性の方が少ないと思います。

ということで現状としては法的に返済義務がない夫が妻と一緒に返済していくケースが多いようです。

妻の借金は夫に返済義務は生じる?

次に、妻自身が持っているカード、妻名義の借金があったとします。そして自力で返済するのが難しくなってしまいました。

そうなると「妻の借金は配偶者である夫の借金でもあるだろう」と思う人はかなり多いようです。実際ドラマを見るとヤミ金業者の取立て屋が「夫なら、男ならお前が払わんかい!」と恐喝しているような場面があったりしますよね。

しかし法的には全く支払う必要はありません。配偶者である妻の借金であろうと、夫に返済義務は無いんです。ちなみに夫婦に限らず、親子間や兄弟間…つまり家族の場合も一緒です。

ただし、連帯保証人としてサインしている場合は返済義務が生じるので話は別です。

妻が借金を残したまま亡くなったら夫に返済義務があるのか

この場合もやはり夫に返済義務はありません。しかし選択を間違えると返済義務が生じる場合もあります。

これはいわゆる「相続」に関する問題になってきます。相続と言えばプラスになる資産をもらい受けるイメージがありますが、借金などのマイナスも資産も相続されます。

そうなると、一方的に夫に返済義務が生じるように感じられますが、これを拒否することもできます。「相続の放棄」ですね。

もちろん妻に価値のある資産がある状況で「相続の放棄」を選択するとプラスマイナスに関わらず全ての資産を手放すことになってしまいます。トータルしてプラスになると判断できるなら思い切って相続して、借金を返済した方が特になることもあるでしょう。

ちなみにこのケースは夫婦間だけでなく家族間でも同じことが言えます。覚えておいて損は無いでしょう。

妻が夫に内緒でキャッシングする方法

今回の記事の冒頭で「現在は妻が夫に内緒でカードを作ったり、借金したりするのは難しい」と紹介しました。しかし実際はできないことはありません。具体的には次のような方法があります。

銀行カードローンの配偶者貸付

一般的な消費者金融では不可能ですが、銀行カードローンなら「配偶者貸付」が選べることがあります。

消費者金融の場合、貸金業法の総量規制によって「年収の1/3まで借入できる」と定められています。年収300万円なら最大100万円まで、年収0円ならどう頑張っても0円のまま…という仕組みですね。だから専業主婦は消費者金融に申し込んでも審査で落とされるわけです。

しかし銀行カードローンの配偶者貸付は「夫の収入、返済能力」を元に審査して、お金が借りられます。あまり提供しているところは多くありませんが、専業主婦にとってありがたいサービスと言えそうです。

同意書不要の銀行もある

配偶者貸付を利用するためには「夫の同意書」を提出しなくてはなりません。しかし、同意書がなくても借りられる銀行カードローンは意外と多いです。例えば…

・楽天銀行
・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・みずほ銀行
・東京スター銀行
・横浜銀行

大手の銀行が名を連ねていますね!

同意書はなくても婚姻関係を証明できる書類(住民票など)を提出することが求められるのですが、楽天銀行と横浜銀行に関して言えばそれすら提出しなくてもOK。つまり「自分の身分証明証」が提出できればほぼ審査に通るような物です。

最大30万円~50万円の借入が可能

自分自身に収入のない専業主婦でも銀行カードローンの配偶者貸付を上手に活用すれば簡単にお金が借りられることが分かりました。しかし、信用が自分自身ではなく、あくまでも夫にあるので借りられる限度額がかなり低めに設定されています。ほとんどの銀行カードローンは「最大」で30万円~50万円くらいです。

そして「夫の収入が多いから借り入れ上限が増える」ということはありません。30万円、もしくは50万円のどちらかで一律になっています。

結局、夫の収入が大きくても、低くても、どれだけ主婦が自由に使えるかはそれぞれの家庭で異なってくるので限度額に差をつけていないものだと考えられます。

まとめ

ということで今回は妻が内緒で夫名義のカードを作ることができるか、それで借金したら誰に責任がいくのか、どういったサービスを利用すれば良いのか、など細かく紹介してきました。

やはり結論は「家族に内緒でお金を借りるのはオススメしかねる」ですね。夫に内緒で何かをするのは想像以上にストレスが溜まりますし、ある意味夫を信用していない、裏切っていることになってしまいます。これが原因で離婚に発展したり、もし夫が「被害届」を出せば裁判沙汰になる可能性だってあるわけです。

なので夫に内緒で借りるのではなく、まずは相談すること。相談するのが難しい、はばかられるのならアルバイトやパートで自分自身の収入を作り、それを信用してもらってカードを作るのが正解だと思います。

急な出費に対応しなくてはならない、などお金に関するピンチを切り抜けるためにキャッシングを利用せざるを得ないこともあるでしょう。ピンチを切り抜けたら、できるだけ早く完済することを忘れないように!急いで完済すれば利息を最小限に抑えられ、同時にストレスもあまり受けずに済みます。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - 個人情報・信用情報