キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

借り入れ総額が100万円を超える場合にはおまとめローンを検討してみましょう!

      2016/01/01

総量規制の対象とならない銀行系のおまとめローンがおすすめです

bdc44fe12fd4730d08b3373f3cab3d45_s

多重債務の解消のためにはおまとめローンが役立ちます

キャッシングは便利な商品ですからついつい使いすぎてしまうこともあります。しかしその返済のために他のキャッシングに申し込んでしまうと借り入れの金額はさらに増えることになります。このような借り入れを何度も繰り返していると最終的には複数の借り入れを行う多重債務の状態になってしまうのです。借り入れの総額が増えると総量規制による年収の3分の1という限度額を超えてしまうため新規の借り入れができなくなります。月々の返済に困ることになりますし、また支払いに追われて仕事や日常生活にも悪影響を与えることになります。そんな多重債務の状態を解消したいという人にはおまとめローンの活用をおすすめします。

借り入れが100万円を超える場合にはおまとめローンを検討しましょう

おまとめローンの利用の目安については利用する人それぞれに異なるのですが、一般的な会社員で借り入れの総額が100万円を超えている場合にはおまとめローンの活用をおすすめします。中小企業などに勤める会社員の場合年収が300万円程度ということが一般的ですから、年収の3分の1である100万円以上の借り入れがある場合にはおまとめローンの活用を検討してみてください。

借り入れが多すぎる場合には債務整理も検討してみましょう

おまとめローン以外には債務整理という方法を選択することもできます。借り入れが多すぎて日常生活に支障をきたしているという人の場合には債務整理を検討したほうが良いかもしれません。いずれの方法を選ぶのかは各自の考え方次第なのですが、おまとめローンに申し込んでみても審査に通らない人の場合などには債務整理を考えることも必要になるでしょう。

おまとめローンのメリットについて

おまとめローンを活用すれば返済総額を減らすこともできます

おまとめローンは複数の借り入れをひとつにまとめることで返済の負担を減らすローンです。この時に現在の借り入れよりも金利の低いおまとめローンに借り換えることができれば返済の総額を減らすこともできるのです。また現在の月々の支払額が多すぎるという場合には、借り換えの際に月々の返済額が現在よりも少なくなるように設定することもできます。ただしこの場合には返済期間が長くなりますので返済の総額が増える場合もあります。またこれまで月に複数回あった返済日を月に1回にできますので、以前よりも余裕を持って返済日に備えることができるでしょう。

債務整理を行うと社会的信用を失うことになります

自己破産や任意整理などの債務整理を行うと借金の全部または一部が免除されるのですが、個人信用情報機関に債務整理を行ったという履歴が記録されますのでその後5年から10年程度は各種ローンやクレジットカードなどの利用はできなくなります。債務整理を行ったことで社会的信用を失って一切の借金はできなくなるのです。

おまとめローンを利用しても個人情報機関に記録されるということはありませんから、その後ローンなどの利用制限を受けることもないのです。しかしおまとめローンの返済のためにまた新規のローンに借り入れを申し込むということでは、おまとめローンに申し込んで多重債務を解消したことの意味がなくなってしまいます。困ったらお金を借りれば良いという安易な考えが多重債務の原因なのです。多重債務を根本的に解決するためには自分で自分をしっかりと律することが必要になるのです。

それでもどうしても借金がやめられないという人は債務整理を検討したほうが良いかもしれません。債務整理を行えばその後はお金を借りたくても借りられない状態になりますので、あえてそのような状態に自分を追い込むこともひとつの方法になります。自分にとってメリットが大きいのはおまとめローンと債務整理のどちらなのかをしっかりと考えて自分に適した方法を選択しましょう。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
>>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - おまとめローン