キャッシングFAN

キャッシングの総合ポータルサイト

やられると怖い!悪徳業者による押し貸し詐欺の手口や内容、対策方法について

      2016/08/06

悪徳業者の押し貸しは本人が気づかないうちに進んでいる可能性もあるので注意が必要

AL009-kabedon_TP_Vcashingfan

実に様々な詐欺が横行している中、いま最も注意しなくてはならないのが押し貸し詐欺です。主にヤミ金業者が行っています。

押し貸しを簡単に説明すると、勝手にお金を振り込んで、後日法外な利息を付けて返済を要求してくる、というものです。

対処方法を間違ってしまったり、そもそも押し貸しに気づかないと大事になりがちなだけに、手口や内容、対策方法をしっかりと覚えておくことが大切です。

押し貸しの手口と内容

まずは押し貸しの手口や内容から紹介していきます。

ホームページ、ダイレクトメールで集客

一般的な消費者金融からはお金が借りられないような人をターゲットにして「誰にでもお金を貸します」「今なら超低金利で融資します」といったダイレクトメールやチラシ、広告を見かけたことは無いでしょうか。最近だとホームページも良く見かけます。

もしもこれに電話などで連絡をしてしまい、口座番号を教えた瞬間押し貸しのリスクが出てくると考えましょう。

口座番号さえ分かってしまえば、後は一方的にお金を振り込むことができるようになってしまうため、冒頭で紹介した手順で法外な利息付きの返済を要求してきます。

個人情報の流出

厄介な事に個人情報は常に流出しているものだと考えるべきです。そして流出した情報の中には銀行口座番号が含まれている可能性が大いにあります。

もしも押し貸しを得意とするヤミ金業者に銀行口座番号が知れわたってしまったら、後は押し貸しが始まってしまいます。

間違った対処方法はトラブルの原因に

ネットなどを見ていると「押し貸しされても無視していれば大丈夫」「お金が振り込まれたんだったらラッキー。そのまま使って知らんぷりすれば良いんだから」といった内容の対処方法が当たり前のように記載されています。

確かに無視することで悪徳業者がそのまま引き下がれば問題ありませんが、そんなに上手くいくわけがありません。

口座凍結、警察と弁護士に相談を

最も有効な対処方法は口座を凍結した上で、警察と弁護士に相談することです。

当たり前ですが弁護士に相談した時点でこちらの方が強い立場に立てることになります。「弁護士に相談したら払わなくても良いって言われたんだけど」と伝えただけで引き下がるケースがほとんどのようです。

もちろん国民生活センターにも相談を入れておいたほうが良いでしょう。

終わりに

今回は押し貸しについて紹介してきましたが、本当に厄介な詐欺だと言わざるを得ません。内容でも紹介した通り、ヤミ金業者が個人の銀行口座番号を手に入れた時点で実践できるものなので、防ぎようが無い、一方的に押し付けられるリスクが高いです。

また他の詐欺のように「関わらなければ良い」「無視すれば良い」が通用しないことが多いのも厄介なポイント。

もしも巻き込まれてしまったら速やかに弁護士や警察に相談してできるだけ早く対応できるように準備しましょう。

今すぐお金を借りたいならこちらがおすすめです
※ランキングは当社調べになります。 >>プロミスレディースはこちら

▲借り入れまでが早い!はじめてのご利用ならメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息!

▲最短30分で審査回答!ネットやATMから24時間お借り入れ、ご返済可能!

アイフル

▲来店不要で誰にも知られずカード受け取りが可能!ご融資可能か今すぐ1秒診断!



★女性も安心のレディースローンならこちら!

▲パート・アルバイトもOK!女性オペレーターが丁寧に対応します!

 - お金のトラブル110番